もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ハンナのかばん」 はなびやさんの声

ハンナのかばん 作:カレン・レビン
訳:石岡史子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784591073094
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,783
みんなの声 総数 3
「ハンナのかばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 親子で読書

    私が読んで置いておいたら息子も読んでいました。

    「ゲシュタポって?」「この人たちお金持ちだったのかな?」「『国境を越えて』に出て来た人たちは逃げたよね。この人たちも逃げたら助かったのかな?」「キリスト教ってなに?」「なんでお兄さんは助かったんだろう?」と息子からいろんな質問が出てきました。

    これも『アンネ・フランク』の伝記を読んでいたから。「アインシュタインもユダヤ人だったけど、アメリカへ行ったよね」と一冊の本からいろいろとつながるようでした。

    ハンナのかばんから、ハンナがどんな女の子だったのか?を知るための石岡さんの探索が始まります。

    伝えたいという気持ちは、つながっていくものなのかもしれないと思います。ただ、名簿の中に存在した13歳の女の子の短い一生がこんな風に蘇るとは思いもしないことでした。

    こういう本に出会えるのも夏休みならではだと思いました。同じ本を読んで内容について話ができるのも親子で一緒に読書をしてこその楽しみでもあります。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ハンナのかばん」のみんなの声を見る

「ハンナのかばん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット