もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

斉藤洋のなん者にん者ぬん者(7) なん者ひなた丸、津波がえしの術の巻」 はなびやさんの声

斉藤洋のなん者にん者ぬん者(7) なん者ひなた丸、津波がえしの術の巻 作:斉藤 洋
絵:大沢幸子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784251038272
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,222
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもと一緒に楽しめる爽やかな笑い

    息子はこのシリーズが大好きです。でも、一日で読める分量ではなく、朝出かける前の短い時間に読み聞かせを私に頼んできたり、早起きして「読んで」と言ったりするのです。

    何が楽しいのかというと、斉藤さんらしい明るく楽しい笑いがあることと新しい技らしいのです。

    この回にもお馴染みとなった犬丸が登場します。

    ひなた丸が頼り甲斐がある子どもに見せるために、しゃべり方を工夫するところなどは、処世術とまではいかないかもしれませんが、世の中を渡って行くために、子どもなりに考えているところだなと感心しました。

    何田に攻めて来たはずの堂田の侍が、あまりの快適さに何田に住み着いてしまうというのには、息子と笑ってしまいました。

    子どもと一緒に楽しめる爽やかな笑いがいいなあと思っています。

    締めに出てくる三蔵老人もいい味出しているなあと思いました。

    投稿日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「斉藤洋のなん者にん者ぬん者(7) なん者ひなた丸、津波がえしの術の巻」のみんなの声を見る

「斉藤洋のなん者にん者ぬん者(7) なん者ひなた丸、津波がえしの術の巻」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット