宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

なんのいろ なつ」 こりえ♪さんの声

なんのいろ なつ 作・絵:ビーゲン セン
訳:永井郁子
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784860573911
評価スコア 4.27
評価ランキング 16,295
みんなの声 総数 21
「なんのいろ なつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 組み合わせ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    いろいろな色と形が組み合わさると何になるか。
    子供の想像力を育てる絵本です。
    それぞれ季節のものを集めたシリーズもので、この絵本は夏のもの。
    いよいよ夏本番というときに、娘と読みました。

    右のページと左のページに、それぞれ別の絵が描いてあります。
    それを組み合わせるとあるものになるのですが、娘はそれがピンとこなかったよう。
    どうしてもそれぞれが個別の何かだと思ってしまうようでした。
    ひまわりも、中心の茶色の丸い部分だけを見てしまうので、
    娘の答えは「コロッケ」
    うーん、確かにコロッケに見える。

    ただ、かみなりだけは別々でもちゃんと分かったようでした。
    苦手なものだけ正解という皮肉な結果に。
    それぞれの季節のものがあるので(あき、ふゆは、今後刊行の予定です)、また挑戦したいと思いました。

    投稿日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「なんのいろ なつ」のみんなの声を見る

「なんのいろ なつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / うんちっち / つみき / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット