宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おさるのジョージやきゅうじょうへいく」 capellaさんの声

おさるのジョージやきゅうじょうへいく 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784001111071
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,249
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • カメラに映りたくて

    おさるのジョージは、好奇心のかたまりで、いつも
    困ったことになりますが、最後はなぜか上手くゆくことになっています。
    いつでも黄色い帽子のおじさんが色々なところに連れて行ってくれます。
    今回は野球の観戦です。
    監督のサインをしっかり見ていて真似したり、
    カメラに映りたくて、カメラに乗って、レンズをのぞくところは笑ってしまいます。
    カメラマンのお姉さんに執拗に追いかけられたジョージでしたが
    最後はやっぱり、褒められました。
    ジョージのしぐさがとてもかわいいです。

    投稿日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おさるのジョージやきゅうじょうへいく」のみんなの声を見る

「おさるのジョージやきゅうじょうへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット