話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

往診は馬にのって」 渡”邉恵’里’さんの声

往診は馬にのって 作:井上 こみち
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2009年09月
ISBN:9784333023981
評価スコア 4
評価ランキング 31,268
みんなの声 総数 1
「往診は馬にのって」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 淡路島で牛などの診察を行っている獣医の、山崎博道氏は、動物に愛される獣医師。往診は馬に乗ってあちこち移動することで、島では有名人。淡路島生まれで、父の家畜医院を継ぐために、獣医師になり、北海道で修行をした時、馬に出会った。それから人の助けで馬を手に入れ、往診に使うようになったのが35才。以後、ずっと馬で(時には車で)各家を回って、動物の診療を続けている。

    筆者は動物の本を書くのが大好きだという、井上氏。長い事、この珍しい取り組みをしている獣医師に会いたかったそうだ。取材はまるで懐かしい友人と会って会話しているような雰囲気だったらしい。

    この二人の、動物や命、人間の暮らしを丁寧に見守り、使命をしっかり果たしていく心意気が作品から感じ取られる。地味な活動を長年コツコツ続け、こころから命をいつくしむ温かさが伝わってくる。

    現在の山崎氏の活動の他に、戦時中の淡路島の軍馬についての話、淡路島の人々の暮らしなども書き込まれ、物語にふくらみが出て、淡路島に行ったような感じを楽しみました。

    文字も大きく、話も分かりやすく、ルビもふってあるので、子どもだけではなく、どなたにも読んでいただける本。疲れた大人を癒す効果もあると思うので、是非とも多くの人に読んでもらいたい作品です。

    投稿日:2019/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「往診は馬にのって」のみんなの声を見る

「往診は馬にのって」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット