おしょうがつのかみさま おしょうがつのかみさま おしょうがつのかみさまの試し読みができます!
作: おくはら ゆめ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こんなかみさまがいたら、お正月はもっと楽しい!

ぶたのたね」 ヒラP21さんの声

ぶたのたね 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784871101127
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,504
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く
  • 面白いけれど、結構ブラック

    佐々木マキさんの絵は、くっきりと描かれていてとても楽しく感じる部分と、どこかに斜に構えたニヒルさの部分があるように思います。

    木になるブタの実、ゾウのマラソン大会、豚より弱いオオカミ、なんだかすごい設定です。
    子ども心にげらげら笑うほど単純ではなく、少しひねくれてしまった自分は物語の登場人物の設定にものすごいアイロニーを感じるのです。
    はたしてありえない話なのだろうか?

    オオカミはブタより弱いとは決まっていない。
    ブタのなる木があったっていいじゃないか。
    想定外の騒動だってあるじゃないか。

    木になった豚は、ゾウのマラソン大会で落ちてしまって、逃げていきます。
    一匹残ったブタの反撃に立ち向かうことのできないオオカミ。
    ブタにかなわないオオカミは、逆に火傷をしてしまって踏んだり蹴ったり。
    悲しいけれど、とことんついていないことってあります。

    だから、私は次はきっとブタを食べてやるぞと、またブタの木を育てようというオオカミの気持ちが痛いくらいよく分かるのです。

    この絵本、大人向けですか?

    投稿日:2012/01/17

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぶたのたね」のみんなの声を見る

「ぶたのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / キャベツくん / なにをたべてきたの? / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット