まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ますだくんのランドセル」 夏の雨さんの声

ますだくんのランドセル 作・絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年11月
ISBN:9784591043370
評価スコア 4.84
評価ランキング 105
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く
  • 初めてのランドセル

     思い出話をしましょう。
     私の小学入学のお話です。ランドセルを母方の祖父に買ってもらいました。
     おじいちゃんはそのランドセルを私の家まで自転車で持ってきてくれました。ところが、途中溝に落ちたといいます。
     おじいちゃんの怪我はどうだったのか、ランドセルは無事だったのか、まったく記憶がないのですが、私の初めてのランドセルは、こうして私の手元に届きました。
     生まれて初めて背負うランドセル。
     きっと誰もが持っているだろう、甘酸っぱい思い出。

     『となりのせきのますだくん』で第15回の「日本の絵本賞」を受賞した武田美穂さんが、続いて描いたのが、その「ますだくん」の方から描いた世界。
     お話はますだくんがまだ5才の頃から始まります。
     ますだくんにはお兄ちゃんが二人とお姉ちゃんが一人、そして妹が一人います。
     お姉ちゃんは小学6年生、お兄ちゃん二人も小学生なので、ますだくんはいつも妹の世話係。
     きびしいお兄ちゃんの指導? のもと、ますだくんはどんどん強くなっていきます。
     あこがれはランドセル。
     お兄ちゃんたちはランドセルに触らせてくれませんが、やさしいお姉ちゃんは小学校卒業時にランドセルをますだくんに譲ってくれました。
     でも、赤いランドセル。
     でも、ますだくんはそんなことへっちゃらです。

     そして、そんなますだくんも晴れて小学校に入学します。
     もちろん背中には赤いランドセル。
     ますだくんのとなりのせきは、ちょっと泣き虫の「みほちゃん」。
     これがますだくんとみほちゃんの出会い。
     まさか、みほちゃんから怪獣のように思われていたなんて、ますだくんはちっとも知りません。
     そうそう、ますだくんの名前はけんいちです。

    投稿日:2019/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ますだくんのランドセル」のみんなの声を見る

「ますだくんのランドセル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット