オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

役にたつって、嬉しい!
オオイシさんのように、役にたつって、朝…

ますだくんのランドセル」 多夢さんの声

ますだくんのランドセル 作・絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年11月
ISBN:9784591043370
評価スコア 4.84
評価ランキング 104
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く
  • 赤いわけ。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    卒園、入学式の季節ですね。
    我が娘も昨日無事卒園式を終えました。
    この春から晴れて小学生。
    私と違って、背が高い娘はいつも1〜2年生に間違えられていました。
    その度に、「まだ、年長さんなんです。」
    と、人に聞かれるたびに答えていました。
    でも、やっと小学校に入学です。
    これで大きな声で小学生と言えます。

    そんな娘は、去年の夏くらいからランドセルにとても憧れていました。
    「ランドセルは、水色にしてね!」
    といわれた時は、すっごくこまりました。
    やはり、親としてはあまり奇抜な色にしてほしくないと思うのが普通。
    と、思っていました。
    そんな時、この絵本に出合いました。
    絵本というよりマンガのような絵なので、読み聞かせには難しく思えて、ずっと敬遠していました。
    ところが、読んでみるとなかなか・・・いいですね。

    ますだくんのように周りに流されることなく、こだわりを持つのも大切ですし、それでいて、困っている子を助けようとする優しいところのあるますだくん。
    それは、ますだくんちの兄弟関係が影響しているのですね。

    何故、男の子なのに赤いランドセルなのか。
    優しくて理解のあるお姉ちゃんだからこそ、そのお姉ちゃんの赤いランドセルが自分の宝ものみたいに大切に思えるのでしょう。
    それは、人がなんと言おうと関係ない。
    ますだくんのこだわり。
    いいですね〜。

    この話では、おかあさんがでてきませんが、「子供をみれば親がわかる」というように、小さいことにこだわらないきっと素敵なお母さんに違いない、と思っています。

    ちょっと気になりだした「ますだくんシリーズ」、また読んでみたいですね。

    投稿日:2007/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ますだくんのランドセル」のみんなの声を見る

「ますだくんのランドセル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット