新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

魔女に会った」 てんぐざるさんの声

魔女に会った 作:角野 栄子
絵:みやこうせい
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1998年04月
ISBN:9784834015218
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,294
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 興味がわきます!!「魔女の祭り」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    これも、たくさんのふしぎ傑作集の1冊です。

    角野さんは魔女の出てくる物語を書かれてから(皆さんも知っているあれかな〜)、魔女のことに興味を持ち、
    本書絵本の「魔女に会った」で、魔女に出会う旅に出ます。

    日本にはなじみの薄い「魔女」ですが、ヨーロッパ各地には今でも魔女の子孫がいるといわれていたり、魔女にちなんだがお祭りがたくさんあることが、この本でよくわかりました。

    結局「魔女」って、日本でいう陰陽師みたいな存在だったんでしょうね。占いをしたり、病の人を助けるすべを知っていたり…。

    本書で紹介しているドイツの黒い森地方での「ファスナハト」祭りはすごく陽気な魔女たちが通りをパレードします。
    ドイツのハルツ地方の魔女のお祭りは「ワルプルギス」。
    ベルギー・イーペルの「ねこ祭り」にはお祭りの最後に「魔女の火刑」というのがあって、角野さんの体験レポートを見ると、こっちのお祭りはちょっと不気味で怖かったですが、ドイツの方の魔女のお祭りはどれも楽しそうで、一生に一度は行ってみたな〜と、思いました。

    本書の最後に紹介されていた、「ルーマニアの魔女」といわれる魔女のおばあちゃまたちに出会った旅のお話も素敵でした。
    本文中に描かれているかわいい地図のイラストは、角野さんが描かれているのかしら?
    そうだとしたら、これもまた必見です。
    みやこうせいさんの写真も素敵で、自然と共にある魔女たちが本当に幸せそうに見えました。
    本当の魔女に会ってみたい。と思っている人にはお勧めの1冊です。

    投稿日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「魔女に会った」のみんなの声を見る

「魔女に会った」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット