話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

ぬまばばさまのさけづくり」 てんぐざるさんの声

ぬまばばさまのさけづくり 作・絵:イブ・スパング・オルセン
訳:きむら ゆりこ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1981年07月25日
ISBN:9784834008449
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,301
みんなの声 総数 6
「ぬまばばさまのさけづくり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 家族構成を読んだだけでもワクワクする!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    すっごく面白い作品なのに、ナビの投稿が少ない作品を見つけると、より声を大にして皆さんに紹介したくなります。
    「面白いですよ〜」

    これも、日本での初版が1981年と、結構古いです。
    ぬまばばさまという謎の生き物(きれいに表現すると妖精?不気味に表現すると妖怪)の家族の1年を、なんだかとっても楽しく物語ってくれている作品です。

    えぇ、ぬまばばさまには家族がいるんですよ〜。
    だんな様はドロの塊みたいな大男。
    娘は生まれてから一度もとかしたことのない、ふさふさの髪の毛をしていて(ここが結構ポイント!)、
    息子はいたずらっ子で、どうやらひょろっとした足をしているようです。
    はっきり、ひょろっとした足という表現は出てきませんが、
    人間に見つからないように変化するとき、
    息子は枯れ枝のような足を突きだして、
    上半身は土の中に突っ込んでいるようなのです。
    ね?この家族構成を見ただけで、なんだかワクワクしてくるお話じゃないですか?

    この一家が、ぬまばばさまを中心に作りだすお酒には、実はすごい魔法みたいな力が隠れているんです。
    でも、それは読んでからのお楽しみ。
    読んであげるなら、幼稚園くらいから、小学校高学年。中学校などでも喜ばれるかもしれません。
    ただこの絵本、ちょっとばかり規格が小さいので、あまり広すぎる場所での、読み語りにはお勧めできません。

    投稿日:2009/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぬまばばさまのさけづくり」のみんなの声を見る

「ぬまばばさまのさけづくり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット