アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

岩波少年文庫 127 モモ」 capellaさんの声

岩波少年文庫 127 モモ 作:ミヒャエル・エンデ
訳:大島 かおり
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784001141276
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,986
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 楽しみながら使いたい時間

    初めて読んだのはブームになった頃ですから、随分昔ですが、
    文字通り、時間に追われた生活をしていると読みたくなります。
    円形劇場の後の小屋に住み着いた小さなモモのお話です。
    モモは魔法とかそんなものを持っていたわけではありませんが、いつの間にか町のみんなはモモが大好きになっていました。
    とりわけ子供達は。
    モモが、一心に話に耳を傾けてくれていると
    みんなは、本当に大切なことに、自分で気づいてしまうのでした。
    ある時から、この街に奇妙なことが起こり始めます。
    灰色の男たちの出現です。
    モモはカシオペイアと言う30分先の未来を見る事のできる亀の誘導で、マイスターホラの元に行きます。
    そこで、モモは人間に与えられた時間の真実を知ります。
    最後の闘いは、モモの勇気とカシオペイアの助力で、平和を取り戻すことができますが、ハラハラどきどきです。
    毎日を楽しみながら、大切に過ごしたいと思えるお話です。

    投稿日:2016/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 127 モモ」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 127 モモ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / そらまめくんのベッド / 三びきのやぎのがらがらどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット