話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

岩波少年文庫 567 ぼくたちもそこにいた」 ヒラP21さんの声

岩波少年文庫 567 ぼくたちもそこにいた 作:ハンス・ペーター・リヒター
訳:上田 真而子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\792
発行日:2004年8月19日
ISBN:9784001145670
評価スコア 4
評価ランキング 29,238
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 『あのころはフリードリヒがいた』の続編

    『あのころはフリードリヒがいた』の続編です。
    リヒターの自伝的作品ということ、リヒターもこの作品に出てくる3人の少年たちのように熱心なヒットラー・ユーゲント(14歳から18歳の少年で構成されるナチの少年組織)だったということを聞くと、前作に書かれたフリードリヒに対する懺悔の気持ち、自分のしてきたことに対する苦しみから書かずにいられなかったのではないかと思います。
    フリードリヒもちょっと顔を出しますが、この作品はドイツ人側からみた作品。
    父親が共産党を支持する家族に育ち素直にヒトラーの思想に従えないギュンター、積極的に活動に参加していくハインツ、そして僕が登場人物。
    前作ではフリードリヒに対する友情の気持ちを持ちながら、時代に飲み込まれていく様を感じましたが。
    あの戦争に関わって行く自分を書きつらねています。
    ナチ政権という狂気の時代に振り回された若者たち。
    とても痛烈な作品です。

    投稿日:2010/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 567 ぼくたちもそこにいた」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 567 ぼくたちもそこにいた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット