新刊
新装版 スノーマン

新装版 スノーマン(評論社)

名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!

  • かわいい
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

岩波世界児童文学集 トンデモネズミ大活躍」 R☆さんの声

岩波世界児童文学集 トンデモネズミ大活躍 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,178
発行日:2003年5月22日
ISBN:9784001157215
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,993
みんなの声 総数 2
「岩波世界児童文学集 トンデモネズミ大活躍」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 年老いた陶芸職人が作った陶器のネズミ。これは、陶芸職人が今まで作った中で、最高の作品になるはずでした。だって、『いままでのじぶんというもののすべてを、あまさずもりこんで』、このネズミを作ったのですから。

    ところが。翌朝焼きあがった陶器のネズミは、今までに見たことも無いような出来そこないのネズミでした。
    しかし・・・そのネズミの顔つきは、いままでの作品にはない魅力が漂っているのでした。
    陶器職人に「トンデモネズミ」と命名されたその日の真夜中に
    トンデモネズミはどういうわけか生身のネズミに変身し、
    こっそり家を飛び出します。
    そこからトンデモネズミの大冒険が始まるのです。

    大活躍するトンデモネズミの様子に、読み手の私はドキドキハラハラ。
    そしてあっというまにトンデモネズミ君のファンになってしまいました。
    だって、本当にあいくるしくて、優しくて、無邪気で、だけどとっても勇気があるネズミ君なんですもの!

    トンデモネズミは、様々な出会いや経験を通して
    自分が今まで「何」から逃げていたのかに気付き、
    そしてこれから立ち向かうべき相手を悟ります。

    さぁ。トンデモネズミの最終目的地となった場所は?
    そして、立ち向かうべき相手とは?

    *************************

    この本の原題は「マンクスネズミ」だったそうです。
    (イギリスのマン島には「マンクス・キャット」という、しっぽのない種の猫が実在するそうです。)
    「マンクスネズミ」という原題を「トンデモネズミ大活躍」と訳した矢川澄子さん、すごいですね!
    「マンクスネズミ」という題名だったら、私はきっとこの本を手に取る機会を逃がしていたことでしょう。

    読んであげるのなら、小学校2〜3年生くらいから十分楽しめるのでは?
    高学年以上だと、この物語から哲学的なニュアンスも感じとれるかも。

    投稿日:2015/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波世界児童文学集 トンデモネズミ大活躍」のみんなの声を見る

「岩波世界児童文学集 トンデモネズミ大活躍」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット