虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

フリズル先生のマジック・スクールバス 恐竜さがし」 てんぐざるさんの声

フリズル先生のマジック・スクールバス 恐竜さがし 文:ジョアンナ・コール
絵:ブルース・ディーギン
訳:藤田 千枝
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784001163018
評価スコア 4
評価ランキング 22,446
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 人数が多いので、把握するのが結構大変。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    「フリズル先生のマジック・スクールバス」というシリーズの1冊です。
    文を書かれたのは「こいぬがうまれたよ」で有名な“ジョアンナ・コール”です。絵を担当している“ブルース・ディーギン”という方の作品はちょっと検索してみた限りでは、このシリーズしか絵本は手掛けていないようでした。

    主人公といっても過言ではない、この不思議な『スクールバス』は、子どもたちと冒険の旅に出るたびに、変形し、それぞれの旅に最もふさわしい姿になります。
    今回は恐竜を見に行くため、時間と空間を移動する優れもののタイムマシンとなりました。
    恐竜たちが、どんな時代にどんな環境で、どういう種類のものが生きていたのか、フリズル先生の生徒たちのレポートが、ページのあちこちに描きこまれ、それが解説となっているので、
    興味のあるお子さんにはわかりやすくて、面白いと思います。

    ただ生徒の人数分、数々の解説が投入されているので、細かいところまで読むのがめんどくさい。というお子さんには不向きなシリーズといえるかもしれません
    また、登場人物(クラスの生徒)たちがそれぞれの個性でいろんな台詞を放つので、人物を把握するのも意外と苦戦(私が苦戦しました)する人もいるかもしれません。

    投稿日:2013/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「フリズル先生のマジック・スクールバス 恐竜さがし」のみんなの声を見る

「フリズル先生のマジック・スクールバス 恐竜さがし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / おおきなかぶ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット