話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

どんぐりほいくえんのくじらのかせき」 10月さんの声

どんぐりほいくえんのくじらのかせき 作:後藤 竜二
絵:遠藤 てるよ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,388
発行日:1981年07月
ISBN:9784494006021
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,339
みんなの声 総数 4
「どんぐりほいくえんのくじらのかせき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 温かく見守り、応援する心

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    「クジラのかせき」ってなんだろう??と題名に惹かれて図書館で
    手に取りました。

    ちょっと変わったりょうくんが保育園に入園してきます。
    だけどみんなとは交わらないし、喋らないし、気に入らないことがあると泣きわめくし・・・お母さんも毎日来て付き添ってます。
    そんな異質な存在のりょうくんを、どんぐり保育園の先生やお友達は
    否定することなく、温かく見守り、応援します。
    りょうくんの得意なこと・好きなことを引きだしていくのです。
    なかなか大人でもできない優しさのある行動だと思います。
    (その優しさ・気長に見守ること・・・自分に欠けていて反省です。)

    そんな仲間に見守られながらも、ひとりマイペースに穴を掘り続けるりょうくん。
    どんどん、どんどん穴を掘って・・・・(この先はお楽しみで☆)

    穴がどんどん深くなってがんばるりょうくんの姿に、
    わが子も「すごいね〜」と目を丸くして、一緒にワクワクしていました。
    さいきん園から帰ると「今日もお友達が入れてくれなかったの・・」と
    うなだれている息子・・・きみもマイペースにガンバレ〜と内心エール。

    そしてこの絵本は息子の大好きな絵本、かこさとしさんの
    「うさぎぐみとこぐまぐみ」に少し通じる部分があるかなぁと
    思いました。(同じ、保育園を舞台にした1冊です)
    やはり園が舞台のお話は息子にとっても身近に感じるようで、
    身を乗りだして聞いています。

    投稿日:2010/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どんぐりほいくえんのくじらのかせき」のみんなの声を見る

「どんぐりほいくえんのくじらのかせき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食』インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット