くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

かえってきたさけ」 あまたろうさんの声

かえってきたさけ 作:フレッド・フレガー
絵:アーノルド・ローベル
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1977年9月5日
ISBN:9784579400836
評価スコア 4
評価ランキング 20,509
みんなの声 総数 5
「かえってきたさけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • さけの一生

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    川で生まれたサケが、川を下り、4年後、川をさかのぼって生まれた場所に帰ってくるまでを描いています。
    小さな命が、仲間と一緒に川を下っていく様子や、成長し、ふるさとの水のにおいをたどりながら、文字通り命がけで戻ってくるということに、驚き、感動しました。
    本能というのはものすごいです。

    アック少年のためにおじさんが付けてくれたあかひも。
    4年後、少年も大きくなっていて、あかひもとの再会を果たします。

    生き物好きの息子が、図書館で手に取った1冊です。
    珍しく一人で読み(いつもは「読んで〜」なのに)、「かわいそうだった」と感想を聞かせてくれました。

    ドラマチック仕立てでない、事実を淡々と語ってくれているところに好感を持ちました。
    余談ですが、「マスノスケ」と出てくるサケが「キングサーモン」であることを知り、「へ〜!」と思いました。

    掲載日:2007/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かえってきたさけ」のみんなの声を見る

「かえってきたさけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット