めくってびっくり俳句絵本2 力いっぱいきりぎりす」 てんぐざるさんの声

めくってびっくり俳句絵本2 力いっぱいきりぎりす 絵:nakaban(ナカバン)
編:村井 康司
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784265052721
評価スコア 4.25
評価ランキング 19,134
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 音の響きが心にしみる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    「めくってびっくり俳句絵本」シリーズです。
    図書館で何気なく見かけてnakabanさんのきりぎりすの表紙絵に目を惹かれて借りてきました。
    ほんと、“力いっぱい”きりぎりすやってますって、感じで笑えました。
    この本には動物にまつわる俳句が14句収録されています。
    タイトルの句は小林一茶が作った
    「涼風や 力一ぱい きりぎりす」です。

    個人的には
    「じゃんけんで 負けて 蛍に生まれてきたの」(池田澄子)
    「路地裏を 夜汽車と思う 金魚かな」(攝津幸彦)
    の句が気に入りましたが、挿し絵とのコラボとして一番目を惹いたのは、
    「鰐の匂いの 夕暮れが来る 十二月」(坪内稔典)でした。
    俳句とかに特に興味がなくても、日本人として生まれ育ってくると、こういう音の響きは心にしみるものがあるから不思議です。

    何かの折に子どもたちに紹介してみたいです。

    投稿日:2017/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「めくってびっくり俳句絵本2 力いっぱいきりぎりす」のみんなの声を見る

「めくってびっくり俳句絵本2 力いっぱいきりぎりす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット