あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

ウエズレーの国」 西の魔女さんの声

ウエズレーの国 作:ポール・フライシュマン
絵:ケビン・ホークス
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784751519752
評価スコア 4.88
評価ランキング 19
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く
  • 未来の文明を作り出すヒントがいっぱい☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    「文明の始まりを感じる〜!」娘の第一声です☆
    一学期に歴史を学習し始めた事を思うと 良いタイミングでこの絵本に出会えたのかもしれません。

    ウエズレーという少年の夏休みの自由研究のお話。
    衣食住の全てを自給自足。
    それから 生活の拠点となっている家の庭に『ウエズランディア』と言う名前の国を作りました。
    新しい遊びを発明し 生活に使う道具も手作り! 時間の単位も新しく制定しちゃいました。
    「ウエズレー語」という言葉まで作り出し
    自由研究の仕上げとして この言葉で綴ったウエズランディアの歴史を書き上げたのです。
    途中から ウエズレーを鼻つまみ扱いしていたたくさんの友達も
    このウエズランディアの魅力に惹きつけられ ウエズレーの周りに集まってきました。

    確かに「文明というものは こんな感じで始まるのかなぁ…」と想像させる展開でした☆

    私は…このウエズレーが育てることになった謎の植物(ウエズレーにサルーシュと名づけられました☆)に
    とっても興味深々!
    食べてよし 使ってよし そして無駄にするところのまるで無い「サルーシュ」。
    おまけに 短期間で家よりも大きく育ちます。
    こんなオールマイティな植物 あったら良いですね☆彡
    エコロジーが求められて止まない 今日。
    絵本として登場したこの作品が 多くの子供達に読まれ 
    心に「未来の種」を植えつけてくれることを期待します。
    絵もすばらしいです。空の青さや植物の緑色の深さに目を奪われます。

    読めば読むほど 深い感銘を受ける絵本でした。
    近々購入予定です。

    投稿日:2006/07/25

    参考になりました
    感謝
    6

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ウエズレーの国」のみんなの声を見る

「ウエズレーの国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

全ページためしよみ
年齢別絵本セット