宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

6わのからす」 さるボンボンさんの声

6わのからす 作・絵:レオ・レオニ
出版社:佑学社
本体価格:\1,262+税
発行日:1989年
ISBN:9784841605341
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,460
みんなの声 総数 6
「6わのからす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ことばのちから

    子供にもわかりやすく素晴らしい本です。

    農夫とカラスの喧嘩のお話。
    せっかく育てた稲をカラスがたべてしまい、農夫は色々対策をねるのですが、カラスも試行錯誤して農夫をやりこめてしまいます。

    こんな調子ですから仲良くなんてなかなかできません。

    でも、みかねたフクロウ、なんといったと思います。
     「はなしあいにておくれはない。 ことばにはまほうのちからがある」って。 素晴らしい言葉ですよね。

    思いもつかない言葉だったので感動してしまいました。

    子供も学校で喧嘩しますよね。 あーいえばこーいうってかんじでなかなかひけずに喧嘩が長引いたりしちゃって…。
    しまいには絶交なんてことに。
    話をしないと相手に思いも伝わらないということを学べたと思います。

    読み聞かせに是非!

    投稿日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「6わのからす」のみんなの声を見る

「6わのからす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのさむいあさ / かいじゅうたちのいるところ / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット