まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

のんきな父さん」 アダム&デヴさんの声

のんきな父さん 作:丘 修三
絵:長野 ヒデ子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784338222051
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,291
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 失ってしまった人の、人としての横顔

     こちらのレビューを見て気になっていた作品です。
     図書館で、見つけて借りてきました。
     家事も終わって、『どれどれと読もう』としたらありません。
     テレビをあまり見ない家なので、階下はいつも静かです。
     息子は自分の部屋(二階)へ行って宿題をしていると思いきや、ソファーにちゃっかりすわって、なんとしっかり先を越されてしまいました。
     
     五つのお話しが入っていました。
     すべて、お年寄りとこどもたちの心の交流の様なお話しでした。
     血縁のおじいちゃん、近所のおばあちゃん、76歳でなくなった父親などなど。
     
     読後息子は、「じいちゃんに、もう少し生きていて欲しかったな〜。」とため息。
     
     彼が気に入ったのは、「箱の中」と「のんきな父さん」。
     のんきな父さんのような人は、今時なかなかいませんね。
     他人の耳から入ってきた失ってしまった人の、人としての横顔。
     正面だけで向き合っていて知っていたつもりが、その人の色々な顔を
    知らないことが家族にもあるんですね。
     私は、「にえもんさん」が好みです。
     おじいちゃんとおばあちゃんの愛の歴史。
     おじいちゃんと結託してカツノリくんが病院へ運んだまむしドリンク
    のくだりは、可笑しくて悲しくてジーンときました。
     
     中学年ころからでも読めるお子さんも入ると思います。

    投稿日:2010/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「のんきな父さん」のみんなの声を見る

「のんきな父さん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット