話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?(フレーベル館)

大人気アニメ「PUI PUI モルカー」が絵本になりました!

  • かわいい
  • 盛り上がる

しろくまくん、ふねにのる」 モペットさんの声

しろくまくん、ふねにのる 作:ハンス・デ・ビア
訳:矢川 澄子
出版社:童話屋
税込価格:\1,320
発行日:1988年7月
ISBN:9784924684461
評価スコア 3
評価ランキング 50,136
みんなの声 総数 1
「しろくまくん、ふねにのる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • イラストがとても素敵

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子4歳

    しろくまの《ラルス》が漁師の張った網にかかり、引き揚げられ、見知らぬ土地へ連れられて行きます。でも漁師の猫《ネモ》が北極へ行く船へ《ラルス》を乗せてくれ、無事帰ることができました・・・
    私はキャラクターとしての《ラルス》の方が馴染みが深く(文房具などいろいろ出てますよね)、絵本として読むのはこれが2度目。お話はしろくまの《ラルス》とねこの《ネモ》との優しくあたたかな交流・友情を描いたもので、とても素敵ですが、スペースのわりに文字が小さく、イラスト重視の作品という感じがしました。場面場面を描いたイラストに、それなりのお話をくっつけたという感じ。原書も同じようなんですかね?とても可愛い絵なので、それはそれで良いのですが、何となく大人向けなのかなぁという気がします。

    投稿日:2003/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しろくまくん、ふねにのる」のみんなの声を見る

「しろくまくん、ふねにのる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット