5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪読者キャンペーンも実施中!

リキシャ・ガール」 はなびやさんの声

リキシャ・ガール 作:ミタリ・パーキンス
絵:ジェイミー・ホーガン
訳:永瀬 比奈
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784790232247
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,525
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • バングラディシュの子どもたち

    図書館の子どもの本の会で、今年のお勧めの本ということで紹介されている方がいました。

    バングラディシュの子どもたちはどんな生活をしているのか?情報過多な時代ですが、知らないことの方が多いですよね。

    リキシャとは、自転車で車を引く人力のタクシーのようなものです。

    10歳を過ぎた男の子は家族の労働力としてリキシャを引く子もいるのです。

    主人公の少女・ナイマの友だちの少年・サリームもリキシャを引いています。

    同じ年でも性差で仕事や役割が区分されていく理不尽さや、学費を支払わなければ学校へ行けなくなることなど、日本とは全く違っていることばかり。

    ナイマが働きすぎの父を心配して何か生活の助けになることをしようとするのが健気でした。

    高度成長期以前の日本でも家族の生活を助けるために働く子どもたちはたくさんいたのでしょうね。

    生活がかかっているだけに状況はシビアでありながら、ナイマが失敗しても父母はとても優しくナイマを見守る点が素晴らしいなあと思いました。

    バングラデッシュより生活が豊かである日本の方が家族関係についてはギスギスとしている点があるのかもしれません。

    生きること、仕事をすること、家族を思うことなどこの本が投げかけるものは多いと思いました。

    最後は涙なしには読めませんでした。

    巻末にはサリーの巻き方やバングラデッシュの風習についても詳しい説明があります。

    投稿日:2010/01/02

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「リキシャ・ガール」のみんなの声を見る

「リキシャ・ガール」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット