サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

まくらのせんにん そこのあなたの巻」 アダム&デヴさんの声

まくらのせんにん そこのあなたの巻 作・絵:かがくい ひろし
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784333024094
評価スコア 4.82
評価ランキング 164
みんなの声 総数 175
  • この絵本のレビューを書く
  • 息子の笑い声に押されて、開きました

     『おしくらまんじゅう』・『がまんのケーキ』で吹き出して、『おふとんかけたら』の頃に先生の訃報を知り、心を立て直し『おもちのきもち』のレビューを書きました。
     が、以降やはり悲しくて、書店でもかがくい先生の作品に近づけないでいました。
     図書館でこの新刊(ご遺作)を見かけ、中も見ずにとにかく借りてきました。
     タイトルだけ、毎日目に入りましたが、『おふとん…』やら『まくら…』やらのタイトルを改めて考えてみると、ご病床に伏せながら案を練っていらしたのかと思い、ますます開けずにいました。
     
     リビングに数日置いていたら、11歳の息子が大爆笑。
     何を読んで笑っているのかと覗いてみたら、この絵本でした。
     「はは、この絵本。面白いよ。いや〜、ホントに面白い!」って、おなかをかかえて涙目でした。

     そうなんだよ。
     かがくいワールドは独特の路線を確立し、読む人を皆惹き付ける魅力ある作品ばかり。
     息子の笑い声に押されて、開きました。

     まくらのせんにんとお供のしきさん、かけさんと散歩していると、穴に鼻や首や耳など抜けなくなった面々が…。
     穴という発想に一笑い。
     穴がボツボツと空いている道を想像し、ニヤリとしてしまいました。
     まくらのせんにんの唐突な行動に爆笑。
     仙人といえども、ミステリアスな誘惑に負けたのかしら。
     この後の 読者に協力を呼びかける件で、「え〜〜〜〜〜」。
     小さいお子さんは一生懸命にお手伝いするでしょうね。
     
     思いがけぬ展開に引き込まれ、気持ちよく笑えました。
     こちらの作品もロングセラーまちがいなしですね。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まくらのせんにん そこのあなたの巻」のみんなの声を見る

「まくらのせんにん そこのあなたの巻」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / 月夜のみみずく / ワニぼうのかいすいよく / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように / なぞなぞのみせ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット