話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

みんなあかちゃんだった」 夏の雨さんの声

みんなあかちゃんだった 作:鈴木 まもる
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2000年05月
ISBN:9784338069298
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,363
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵本作家の鈴木まもるさんの講演を聞く機会がありました。
     鈴木さんはお話をされながら、そばにあったホワイトボードにすっと絵を描かれる。
     絵本を描く人なのだから自然なのかもしれませんが、とっても感動しました。
     そのようにして、鈴木さんが生まれてきたお子さんの表情もすっと絵にして残されていたうです。
     それがこの絵本のもとになりました。
     なので、この絵本には赤ちゃんの本当に自然の表情がたくさん載っています。
     今子育て中で奮闘されているパパやママはもちろん、すでに赤ちゃんの頃の子育てを終わっている世代も、そうだこんなことあったなと、まるで自身のアルバムを開くように楽しめます。

     この絵本のタイトルは「みんな あかちゃんだった」ですが、その前にこんな言葉がついています。
     「世界じゅうにたくさんのひとがいるけれど さいしょは……」。
     そう、この絵本を読む人もみんな赤ちゃんだったのです。
     いじめであったり児童虐待であったり、世の中にはたくさん悲しいことがあります。
     でも、どんな人も「みんな あかちゃんだった」のです。
     よだれをいっぱい流したはずだし、はいはいもしたはずです。
     立ち上がっては転び、泣きながら眠ってしまったこともあったはず。
     そのことを思い出すだけでも、少しは優しくなれるはずです。

     それにしても、こうして絵として子供たちに残せるものを作れるのですから、絵本作家は素敵な才能です。

    投稿日:2021/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みんなあかちゃんだった」のみんなの声を見る

「みんなあかちゃんだった」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / よるくま / おばけのてんぷら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット