しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はみだしインディアンのホントにホントの物語」 はなびやさんの声

はみだしインディアンのホントにホントの物語 作:シャーマン・アレクシー
絵:エレン・フォーニー
訳:さくま ゆみこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784092905146
評価スコア 4
評価ランキング 21,757
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 普段あまり読書をされないお子さんでも

    14歳のラウディは居留地に住むインディアン。

    さくまゆみこさんの講座で紹介され読んでみた本ですが、居留地に住んでいるインディアンがいることは初めて知りました。

    居留地に住んでいるインディアンが白人の通う学校へ通うことは、インディアンに対する裏切りになるのですが、ラウディは自分の道を切り開くために決心します。

    海外YAを読んでいて思うのは「生きのびるには」ということが描かれていること。

    ラウディにとっての生き残る道は、白人の通う学校へ行くことでした。
    インディアンの中でもうまくいかなかったラウディにとっては、差別の偏見のある白人の集団に入ることもまた試練だったのです。

    深刻で重い話になりそうなのですが、主人公のユニークにキャラクターもあるのか、笑ってしまう場面もあり、泣かせる場面もありでした。主人公と祖母の関係もよかったですし、わかってれる人が出てくるあたりは人生捨てたものではないと思えました。

    思春期で進路やいじめに悩んでいるお子さんがいたらぜひ読んでほしいと思いますし、普段あまり読書をされないお子さんにも読みやすい文体ではないかと思いました。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はみだしインディアンのホントにホントの物語」のみんなの声を見る

「はみだしインディアンのホントにホントの物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット