モモちゃんとアカネちゃんの本(3) モモちゃんとアカネちゃん」 こいのぼり母ちゃんさんの声

モモちゃんとアカネちゃんの本(3) モモちゃんとアカネちゃん 作:松谷 みよ子
絵:菊池 貞雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1974年06月
ISBN:9784061192331
評価スコア 4.88
評価ランキング 24
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く
  • 深いです

    妹が出来てお姉ちゃんになったり
    両親が離婚して引っ越すことになったり
    大変な境遇にあっても
    明るく強く日々を過ごすモモちゃんに
    力づけられます。


    「もっかけんかちゅう」のパパとママ
    パパの靴だけが帰ってきたり
    ママのところに死神がやってきたり
    森のおばあさんに相談に行って
    「パパは歩く木」「ママは育つ木」
    二人は一緒には暮らせないんだと助言をもらったり
    どのお話も意味深いです。


    4歳の娘は絵本そっちのけで毎晩読んでと
    せがんできます。
    娘もお姉ちゃんになったことと
    私自身も離婚してしまいましたので
    娘は自分にモモちゃんを重ねているのかもしれません。

    私には離婚後に出てくる助っ人のくまさんが
    私の母親と重なって見えます。

    投稿日:2009/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「モモちゃんとアカネちゃんの本(3) モモちゃんとアカネちゃん」のみんなの声を見る

「モモちゃんとアカネちゃんの本(3) モモちゃんとアカネちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / こんもりくん / サンタクロースってほんとにいるの? / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット