宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

さくら」 多夢さんの声

さくら 作:長谷川 摂子
絵:矢間 芳子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784834024951
評価スコア 4.83
評価ランキング 134
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く
  • 美しい!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    今年の春も、桜の花が満開に咲きました。
    幸せなことに、家の窓からはさくらの木が見えます。
    ちょっと散歩すれば、川沿いには桜道があります。
    なんて、幸せ者だろうって思います。

    さくらは、遠くから見ても美しいし、近くで見ても美しい。

    絵本のさくらも、なんと美しいことか!
    詳細に描かれたさくらは、見ていて感動します。
    特に、ひよどりやすずめがやってきて、
    花のみつをすっているシーンが好きです。
    鳥も可愛いです。
    生きてるみたい。

    桜は、花をつけているときが一番輝いています。
    でも、桜の花びらが散ったあとも、
    小さなドラマがいっぱいあります。
    桜、ひよどりやすずめ、せみや小さな虫たち、
    一年を通して、命の輝きがそこにはありました。

    また、来年になったら、新しい花を咲かせるのでしょう。
    今年と一緒のように見えても、まったく違う花です。

    美しい絵に添えられたことば。
    長谷川摂子さんの優しく語り掛けるような文章を読んでいると、
    心地よかったです。

    投稿日:2014/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さくら」のみんなの声を見る

「さくら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くだもの / めっきらもっきらどおんどん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット