宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

べべべんべんとう」 事務員さんの声

べべべんべんとう 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784774611419
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,135
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く
  • 毎日お弁当を作ってくれた母に感謝

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    もうすぐ運動会、芋ほり遠足と不慣れな弁当づくりの季節。
    弁当づくりは自信がないのになぜか子供はお楽しみ。

    絵本を開くと見返しにたくさん(56品)の弁当のおかず。
    ここだけでご飯一杯いけそう。

    このおかあさんは毎日4人分の弁当を作るそうです。頭が下がります。

    運動会のお弁当は近々参考にさせていただきます。

    5歳の娘はそうめん弁当のページを読み
    台所の私に知らせに来ました。
    「ママ、大変。水筒にめんつゆ入れてる。」

    一冊でいろんなお弁当が出てきます。最後はやっぱりおせち。

    作ったのは一年で最後やけど
    食べるのは一年で最初のおべんとう。
    ってところが大好きです。

    この絵本を読んでお母さんありがとうって思いました。

    投稿日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「べべべんべんとう」のみんなの声を見る

「べべべんべんとう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット