新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

100まで生きる?」 さえら♪さんの声

100まで生きる? 作:柳生 弦一郎
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1992年10月
ISBN:9784834011289
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,549
みんなの声 総数 5
「100まで生きる?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 興味津々

    年取ること 死ぬこと
    絵本を読むような年齢の子どもたちには程遠い話かもしれない。
    でも年を取るから死ぬのではない。
    人間には年齢関係なく いつ死が訪れるか分からない。
    小さな子どもでも赤ちゃんでも胎児だってお母さんの体の中で不幸にして死んでしまうかもしれない。
    真剣に生きて行こうとするなら 死ぬことにも目をそむけてはいけない。
    そういうちょっと小難しい内容が子どもの中にすんなり入って行くような噛み砕いた表現になっていてとてもいいと思います。
    絵本の装丁ではあるのですが とても文章が長くて2日ほどに分けて
    子どもと読みました。
    長文をものともしないほど 子どもは集中して聞いていました。
    どうして白髪になるの?
    どうして皺ができるの?
    たくさんの「?」と付き合いながら読みました。
    大人が読んでみて なぜこんなにも同じフレーズを何度も繰り返すのだろう??とちょっとクドイ気がしましたが
    子どもにとっては繰り返された部分を「これが大事なこと」として頭の中に認識して行くのかもしれません。

    投稿日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「100まで生きる?」のみんなの声を見る

「100まで生きる?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット