新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

わにのはいた」 ぽこさんママさんの声

わにのはいた 作・絵:マーガリット・ドリアン
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2010年03月
ISBN:9784477020808
評価スコア 4.14
評価ランキング 23,503
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • ちえばのせいだったんだねえ

    私はどうしたって、親の立場から読んでしまいますので
    アリがなんとか歯医者に行かずにすむようにごまかそうと
    したり、間違ったバスに乗ってしまったことを「ラッキーだ」と
    思っていたりするところにイライラしてしまいました(笑)。
    娘は娘で、きっと自分がアリになったような気分で、どうなっちゃう
    のかとものすごーく心配しながら聴いていたようです。
    歯医者さんに「むしばでなくちえば」だと言われてめでたくお話が
    終わった後、間髪入れず「なーんだ。ちえばのせいだったんじゃんねえ!」
    と、心底安心したように言っている顔がおもしろかったです。
    だって、きっと「ちえば」がなにかわかっていないはずですもの。ちえばは
    まだまだはえていませんからねえ。

    当たり前のことではありますが、母娘でおんなじ本を読んでいても
    思うところはほんとに違うのだろうなあって思いました。
    娘が大人になっても違ったりするのだろうけど、でも小さければ小さい
    ほど、親との感覚は違うだろうから・・その違いをできるだけ
    長い間楽しめたらいいなあって思います。

    投稿日:2012/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わにのはいた」のみんなの声を見る

「わにのはいた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 編集・紀本直美さん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット