つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう」 はしのさんの声

こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう 作:ルーシー・ダニエルズ
訳:千葉 茂樹
絵:サカイ ノビー
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784593565214
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,796
みんなの声 総数 4
「こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 犬が欲しい!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    マンディは動物が大好き。でも両親が動物病院の獣医さんなので、自分で動物を飼うことを許されていません。そのかわり、病院にやってくるいろいろな動物たちが彼女のお友だちです。

    今回は、ラブラドールの子犬たちのお話。子犬の様子がいきいきと書かれているので、犬が欲しい!と思っている子どもが読んだら、ますます欲しくなってしまうことでしょう。食べ物のことやトイレのしつけのことも書いてあるので、動物を育てる大変さもわかってくれると思います。

    興味深かったのは、自分のペットを連れてきて良いという『ペット・デイ』。ただ連れてくるだけでなく、みんなのまえで紹介します。マンディは9歳の小学生。この頃から、人のまえで話すトレーニングがされているのですね。大好きなペットのことであれば、話しやすいですよね。

    この本の挿絵を描いているのは、サカイ ノビー さん。カタカナだったので作者と同じイギリスの方かと思っていたのですが、日本の方でした。イギリスというよりもアメリカっぽい(あくまでも私の感覚です)挿絵がこの本をより楽しいものにしています。

    小学校中学年くらいの子どもたちに向いています。
    文庫本より少し大きい程度の手のひらサイズ。一層、愛着がわいてきます。

    投稿日:2010/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう」のみんなの声を見る

「こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット