しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

じごくのラーメンや」 ぷうさんのはちみつさんの声

じごくのラーメンや 作:苅田 澄子
絵:西村 繁男
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784774611556
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,998
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く
  • 登場人物のキャラクターが良いですね。 

    閻魔さまは、威勢がよくて、サバサバしていて、単純そうで(笑)  根は優しい人なのかも!?って、思えてきちゃいます。

    お地蔵さまもキュート♪ 「ごちそうさま おいしかったあ」  「もっと いっぱい たべたあい」   なんてセリフからして、何だか子どもみたいで可愛いです。


    地獄の様子が、細かく描写されていていいなって思います。
    グツグツと煮立つ熱湯に入れられたり、針の山を歩かされたり、火あぶりにされたり、ヘビに体を巻き付けられたり・・・他にもいろいろ。
    反対に、天国の何ともまあ優雅な生活なこと♪  お釈迦さまはコーヒー片手に読書を楽しみ、天女?が空を飛んでいたりもします。
    地獄と天国の対比が上手に描かれていて、おもしろかったです。


    地獄と天国って絶対相容れないイメージがあるけど、この作品では天国の住人が普通にラーメンを地獄まで食べにきているし、閻魔さまも普通にラーメンをふるまっています。  この友好的なムードが良いなって思います。


    さて、我が息子。

    「そもそも天国とか地獄ってないよねー。あの世は絶対あるけど」
    ですって(^^;)  二年生になってだいぶ現実的になってしまい、読み聞かせの時寂しく感じることも多くなってしまいました。

    そして、お地蔵さまが激辛ラーメンを食べきった時の息子の一言。

    「やっぱり石でできているから、辛さとか感じないんじゃないの〜」

    なるほど!!するどいですね。母はそこまで思わなかったから、こんな部分からも、ちゃんと成長しているんだなあって嬉しくなります。


    おもしろい作品なので、ぜひいつか小学校でも読みたいと思います。二年生、三年生あたりに読もうかな?

    投稿日:2016/10/08

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「じごくのラーメンや」のみんなの声を見る

「じごくのラーメンや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / しょうぼうじどうしゃじぷた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット