なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…

海の島 ステフィとネッリの物語」 はなびやさんの声

海の島 ステフィとネッリの物語 著:アニカ・トール
訳:菱木 晃子
出版社:新宿書房
本体価格:\2,000+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784880083544
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,462
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • スウェーデンで暮らすユダヤ人の姉妹

    菱木晃子さんの講演の中で紹介されていて、翌日早速読み始めました。読み始めたら止まらず一冊目を読み終わりました。

    島で暮らす、養い親、養母は厳格だが実は優しいなど『赤毛のアン』に通じるものがありますが、第二次世界大戦中でウィーンからやって来たユダヤ人の姉妹ということで、背景は決して明るいものではありません。

    そういう状況下であるがゆえに、本当の優しさが身にしみる話でもあります。

    特に養母メルタがステフィを「うちの娘」とかばう場面は読んでいて心が熱くなりました。

    第二次世界大戦中、スウェーデンが中立であったこと、ユダヤ人の子どもたちの受け入れをしていたこと、菱木晃子さんのお話でその当時の背景やステフィとネッリの物語の舞台となった場所のスライドなどを見せていただいたこともあり、物語に自然に入ることができました。

    この本にも菱木さんのあとがきがありますので、よくわかるかと思います。

    続きが楽しみでシリーズすべてを借りてきてよかったと思いました。

    投稿日:2013/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「海の島 ステフィとネッリの物語」のみんなの声を見る

「海の島 ステフィとネッリの物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット