新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

よーするに医学えほん からだアイらんど インフルエンザ編」 あんれいさんの声

よーするに医学えほん からだアイらんど インフルエンザ編 作:きむら ゆういち 川田 秀文
絵:中地智
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784061324220
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,570
みんなの声 総数 4
「よーするに医学えほん からだアイらんど インフルエンザ編」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 体は今回も大戦闘!

    息子がお気に入りの「からだアイらんど」シリーズ3冊のうちの1冊です。
    この本では、からだアイらんど(人間の体を一つの島にたとえたもの)にインフルエンザウイルスが侵入したときに、どうやって治癒していくのかを教えてくれます。

    インフルエンザを引き起こすのは、ウイルスパイ(インフルエンザウイルス)。強力な鎧を着ています。鎧を外せばなんてことない相手ですが、鎧を壊すのにはぴったり合ったカギが必要(抗原抗体反応)。
    そのカギ、これまでに戦ったことの無い新型だと、製造に120時間もかかるんですって!
    それまでの間、からだアイらんどでは徹底抗戦でウイルスと戦闘が行われるんです・・・。

    インフルエンザにかかったときには熱や咳などの症状があり、そしてタミフルなどの投薬が行われますよね。
    それがいったいからだの中でどんな役割があり、なんのために行われるのかが非常によく理解できます。

    このシリーズ他の2冊もそうなんですが、なるほどねーー!と大人の私も目からウロコという感じです。

    息子は扁桃腺が腫れやすくてよく熱を出すのですが、この本で扁桃腺の役割を理解して、やっかいな扁桃腺にも意味があるんだねーと感心していました。

    面白く読めるけれど内容はかなり高度です。
    大人の方にもお勧めです。

    投稿日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「よーするに医学えほん からだアイらんど インフルエンザ編」のみんなの声を見る

「よーするに医学えほん からだアイらんど インフルエンザ編」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / いないいないばああそび / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット