せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

はしれぼくらのしでんたち」 汐見台3丁目さんの声

はしれぼくらのしでんたち 作:長崎 源之助
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1987年06月
ISBN:9784032310702
評価スコア 3.25
評価ランキング 46,649
みんなの声 総数 3
「はしれぼくらのしでんたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 故・長崎源之助さんの横浜愛を感じます。

    息子は、この絵本の表紙を見た途端に、「お母さん、これって、横浜市電じゃない?
    久良岐公園にあるのと同じじゃん。」と。

    話は、チンチン電車(市電)が最後に走る日から始まります。運転士はでんきちおじさん。
    でんきちとは、電車きちがいという意味のあだ名。市電は最後だからと装飾され花電車として
    走ります。おじさんは、遠い昔、自分が小さかった頃に見た花電車のことを思い出します。

    そして、最後の日が終わると、市電達は色々な人たちに引き取られて行き、海の底へ放棄
    されるもの、ウチの近所の公園のように展示されるもの、歯医者になったり、レストランに
    なったり、図書館になったり...

    ひとつひとつを訪ねたおじさんは、図書館になって子ども達を沢山乗せている市電に喜び、
    空を走らせます。すると色々なところに散らばった市電たちが集まり... 
    という最後はファンタジーになる話でした。

    今年亡くなってしまった作者:長崎源之助さんの郷土愛(横浜)というか、市電を愛して
    いた気持ちがとても伝わってきました。

    私は長崎さんの子供を主人公とした話は、いつも会話が活き活きとしていて大好きで、
    しかも、これまた大好きな村上勉さんの絵なので、この絵本の素敵なコラボレーションが
    夢のようでした。

    息子は、市電が空を飛んだり海中を走ったりして終わる結末に、「ぼく、この続きが
    知りたいんだけれど!」と目を輝かしていました。

    古いものが時代共に刷新されることはよくあることで、絵本にも沢山なっていると思います。
    この絵本は、その中の1冊ですが、終わり方が暗くないのが救いです。

    でも、絵本の中の何気なく書かれている一文、
    「ばかな はなしだ。こうがいを だす じどうしゃのために しでんが なくなるなんて。」
    にドキっとします。横浜でも、市電と共存という手もあったのかもしれないなと。

    私達親子には素晴らしい本なのですが、のりものストーリーなので万人受けはしないと思い
    3つ☆にしましたが、是非是非、読んでみてください!(偕成社 のりものストーリー7)

    投稿日:2011/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はしれぼくらのしでんたち」のみんなの声を見る

「はしれぼくらのしでんたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット