キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

たまご+うんち=いくら さんすう」 てんぐざるさんの声

たまご+うんち=いくら さんすう 作:山下 明生
絵:曽我舞
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年07月
ISBN:9784652002223
評価スコア 3.67
評価ランキング 34,158
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 小学校1,2年生の勉強が苦手な子に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    低学年向けの児童書です。
    「山下明生の空とぶ学校」というシリーズの2冊目で、折込部分の説明を見ると、
    シリーズ1冊1冊が学校の時間割のように組まれていて、この本は2時限目“さんすう”でした。

    それぞれの巻が、学校の教科に関係ある内容のようで、
    小学校の1,2年生で学校の勉強がちょっと苦手なお子さんたちが
    読んだら楽しいんじゃないかな?と思いました。

    今回の“さんすう”の会は、なぜか主人公の男の子が恐竜世界に行って、数を数える羽目になり……。
    危うく恐竜たちに食べられそうになったりしますが、全体的にはワクワク楽しいストーリーになっていて、
    ついでにクイズ形式で算数の計算も身につく(?)ようになっています。

    なかなか面白い作りのシリーズです。
    気になるので、ほかの時間割≪シリーズの他の巻≫も探してみようと思っています。

    投稿日:2012/04/13

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たまご+うんち=いくら さんすう」のみんなの声を見る

「たまご+うんち=いくら さんすう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット