いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

山のむこうは青い海だった」 てんぐざるさんの声

山のむこうは青い海だった 作:今江 祥智
絵:長 新太
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784652005217
評価スコア 4
評価ランキング 27,005
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 日本版ケストナー。

    後書きを読むと分かりますが、この本は今江さんの作家として活動を始めた初期のもので、初の長編童話作品だそうです。
    作者が若い時期に書いているので、その若さの影響が作品に流れ込んできているように感じました。

    主人公の少年:次郎(中1)ほか、登場する少年少女たちも中学生や十代のチンピラ(ヤンキー)たちも、みんな瑞々しいくらいの若さで、ピチピチしてました。
    (この作品では魚やウナギを取るシーンが多く、何となく、この言葉がしっくりくるような気がします)
    それから、登場する先生がとてもいい!
    今、こういう井山先生みたいな先生は、とても少なくなった気がします。

    時代は戦後から少し経った昭和の時代。
    たぶん、社会は少しづつ落ち着きを取り戻し、高度経済成長を始めている時期で、戦争の傷跡もだんだん薄れ始めた頃。
    少年少女たちの前向きでで明るい性格や行動力にワクワクしながら読みました。

    今江さんがケストナーの作品を見習って書いた。と後書きにかいていて、ものすごく、腑に落ちました。
    日本版ケストナーって、イメージの物語です。
    中学生くらいのお子さんたち、夏の思い出にぜひ一度読んでみてください。

    投稿日:2019/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「山のむこうは青い海だった」のみんなの声を見る

「山のむこうは青い海だった」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット