まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

じゃがいもポテトくん」 ジュンイチさんの声

じゃがいもポテトくん 作・絵:長谷川 義史
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784097264217
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,373
みんなの声 総数 89
  • この絵本のレビューを書く
  • 底抜けに楽しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    長谷川義史さんと言えば、「おへそのあな」「てんごくのおとうちゃん」等の作品で、心が熱くなった記憶が鮮明に残る作者です。

    今回の主人公は、じゃがいものジャームス。
    家族 親戚 みんなで北国から八百屋さんにやってきたという設定です。
    ところが、土曜日の朝、父さんのジャックが山田さんの奥さんに買われていってしまうのです。
    「とーさーん さようならー」
    「ジャームスー げんきでなー」
    かなしいはなしです…。
    と描かれ、家族はみんなこんな風に買われていき、その都度「かなしいはなし」ですとあるのですが、この言い回しが、何とも楽しいもの。
    最後に、僕 ジャームスも青木さんの奥さんに買われていきます。

    そして、月曜日の何処かの幼稚園のお昼に、園児達がお弁当をあけると、何と、ジャームス達みんなが、おかずになって再会するのです。
    めいめいが、自分が調理されたものを誇りに思っているようで、楽しい場面です。
    みんなじゃがいもが好きなんですねと結んでいるのですが、食育にも役立ちそうな話です。
    それにしても、この物語の展開といい、そのネーミングを含めた言い回しといい、とても愉快。
    きっと、子どもを虜にすること間違いありません。
    それに、八百屋の親父が東スポを持っていたり、魚屋では、イカが逃亡しようとしていたりと、小技もあって、全体的に纏まった作品だとお思います。
    文句なしに楽しい作品としてオススメします。

    投稿日:2011/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「じゃがいもポテトくん」のみんなの声を見る

「じゃがいもポテトくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット