クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

ふでばこのなかのキルル」 多夢さんの声

ふでばこのなかのキルル 作・絵:松成 真理子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784592761433
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,721
みんなの声 総数 25
「ふでばこのなかのキルル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 50年たっても忘れませんように。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    ぼくが見つけたへんてこな生き物・・・キルル。
    キルル キルル
    と、愛くるしく鳴く生き物は、
    わに?とかげ?
    あっ!小さな火をふいた。
    もしかして、りゅう?
    なんて可愛い生き物でしょう!
    ぼくでなくても、出会ってみたい!

    竜のことを知りたくて、図鑑で調べるぼく。
    そして、おじいちゃんにも相談。
    すると、意外なことが判明。

    それは、キルルとおじいちゃんの出会いまで逆戻ります。
    困っていたおじいちゃんを助けてくれたキルル。
    そこで交わした約束。
    おじいちゃんは、ずっと長い間忘れていました。
    ぼくに見せられた時だって、「とかげじゃろ」って・・・
    (それはないでしょう!?)と、何度も読んだ私も、
    キルル同様悲しくなりました。

    でも、おじいちゃんは思い出しました。
    おじいちゃんの流した涙の粒・・・水晶みたいなまるい珠をかかえて、
    ぼくとおじいちゃんの前からキルルは旅立っていく。

    いつまでも、一緒にいたいのに・・・
    ぼくと同じ気持ちでした。

    でも、ぼくの手のひらから、キルルの言葉が伝わります。
    「家に帰りたい。」と言ったのでしょうか。
    それとも、「助けてくれてありがとう。」と言ったのでしょか?
    それは、ぼくとキルルしかわからない会話だったけど、
    きっと、心が通い合った瞬間だったのでしょう。
    とても好きなシーンでした。
    羨ましいと思いました。

    素敵な出会いだけに、別れは悲しいもの。
    切ないおはなしですが、何度も何度も読んでみたいと思いました。

    投稿日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふでばこのなかのキルル」のみんなの声を見る

「ふでばこのなかのキルル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ / よるくま / ぼくのまちをつくろう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット