宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくのベッドはおつきさま」 にぎりすしさんの声

ぼくのベッドはおつきさま 作:竹下 文子
絵:おぐらひろかず
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年
ISBN:9784876926046
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,857
みんなの声 総数 5
「ぼくのベッドはおつきさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 子供でも眠れない子がいるんですね。昼間にいっぱい遊んで疲れた子供はベットに入ったら すぐに眠れそうなのに・・・

    この子は、あまり体を使って遊んでいないのですね。

    でも、布団の中で 天井がおばけのように見えたら怖いよね!
    眠れなかったおかげで 夜の星空や小鳥が眠っているのに出会えたり
    花も眠っている みんな みんな 夜 おひさまが沈むと眠りにつくのですね
    絵が 幻想的で淡い色合いで穏やかな美しさがステキでした!


    おまじないは 「ぼくのベットは おつきさま、 ふんわり くもの かけぶとん」でしたね!
    子供の 幸せな眠りにホットしますね!

    やはり子供は 夜には ぐっすり眠って 朝をむかえて 「おはよう!」がにあっていると思いました

    投稿日:2010/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのベッドはおつきさま」のみんなの声を見る

「ぼくのベッドはおつきさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / だるまさんが / くっついた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット