でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

ヘンリーフィッチバーグへいく」 はなしんさんの声

ヘンリーフィッチバーグへいく 作・絵:D.B.ジョンソン
訳:今泉 吉晴
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年04月25日
ISBN:9784834019377
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,428
みんなの声 総数 8
「ヘンリーフィッチバーグへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • どっちが、自分らしい楽しみ方か

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    くまのヘンリーと友達が48キロ離れたフィチバーグという街へ出掛けることにしたのですが、二人は、バラバラに行くことにしました。ヘンリーは、歩いて行きたかったし、友達は汽車で行きたかったからです。はたして、どちらが先に着いたのでしょうか。
    友達は、切符代を稼ぐためにいろいろな仕事をします。薪運び、掃除、草抜きなど。一方、ヘンリーは、花をつんだり、いかだで川をさかのぼったり、ハチの群れに襲わり・・・。二人とも、それぞれ色々な体験をして、苦しかったり、楽しかったりしながら、とうとう目的地にたどり着くのです。
    本の見開きの左側が友達、右がヘンリーの同時進行で描いているところが面白いですね。また、絵のタッチが独特で、色使いが明るくきれいです。
    自分なら、どうやって48キロの旅をするのか想像してみると、また楽しめます。歩くのが大好きな我が家は、全員一致で、ヘンリーと同じ歩く方を選びました。
    でも、乗り物好きな人、いろんな仕事をしてみたい人、だらだら移動するのが嫌いな人は、友達の選んだ方法にすることでしょう。一方、歩くのが好きな人、自然を満喫したい人、冒険好きな人は、迷わずヘンリーの方を選ぶのです。時間の楽しみ方は、人それぞれで、どちらがいいかは、その人次第なのですね。

    投稿日:2004/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ヘンリーフィッチバーグへいく」のみんなの声を見る

「ヘンリーフィッチバーグへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット