虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ヘンリーフィッチバーグへいく」 Sayaka♪さんの声

ヘンリーフィッチバーグへいく 作・絵:D.B.ジョンソン
訳:今泉 吉晴
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年04月25日
ISBN:9784834019377
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,414
みんなの声 総数 8
「ヘンリーフィッチバーグへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • スローライフを語る絵本

    挿絵に惹かれ本屋で衝動買い。読み終わると、とっても大人向きの内容だったと思いました。
    読み始めは、ヘンリーと友達がフィッチバーグ(アメリカマサチューセッツ州の中北部に位置する地方都市)までの道のりを競争してどっちが早いかをあてる絵本かなあと思っていました。
    全然違います!!
    そんなお話ではなく、二人の人生の楽しみ方の違いを描いていたのです。
    ヘンリーはスローフード、スローライフを遂行する人(絵ではクマですが、本当に実在した人がモデルです)。
    ともだちは文明の発達に対応して生きる生き方。
    人生をどう生きるか。人生1回きり。楽しく生きようとそんなことを語っている絵本でした。だからといって友達の生き方がいけないとかそういうことではないです。
    疲れている大人向けの絵本で、経済学を追求しているものとしては考えさせられました。

    4歳の息子の反応は、ブルベリー(実際はブラックベリー)を摘んでいたから、ヘンリーは遅かったんだねといった感じでした。そういう意味ではまだ早かったのかもしれません。
    でもこういう人生観を養う絵本って、無宗教・無思想な世の中だからこそ、必要なのかもしれないとも思いました。

    息子には真意がすぐに伝わらないかもしれないけど、挿絵を親子ともども気に入っているので読み続けたいと思っています。

    投稿日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ヘンリーフィッチバーグへいく」のみんなの声を見る

「ヘンリーフィッチバーグへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット