ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

おとうとねずみチロのはなし」 てんぐざるさんの声

おとうとねずみチロのはなし 作:森山 京
絵:門田律子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年07月
ISBN:9784062082648
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,792
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 字に慣れていない本好きの子どもたちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    この本は、図書館で探して借りてきたのですが、「のぽぽんぽん」さんの感想を読んで、どこかの教科書に載っているお話なのだと知りました。
    私自身も子どもたちの教科書にも載っていなかったと思うので、違う出版社の教科書に載っていたんですね〜。

    可愛いねずみのチロの話です。
    タイトルに『おとうとねずみ』と入るのは、チロが3人きょうだいの末っ子だからです。
    門田律子さんが挿絵を描いてくれていますが、ねずみたちも可愛いし、自然いっぱいのねずみたちの家や家具の1つ1つにもすごくこだわりを持って描いていらっしゃるな〜と、感じました。

    低年齢の本好きの子どもたちを意識しているのか、文のレイアウトも大きく空いていて、各ページに挿絵が多く、字に慣れていない子どもたちが読みやすい作りになっています。
    内容も1冊の中に、ねずみのきょうだいたち、特にチロの目線から描かれた世界を5つのショートショートにまとめてあるので、読み手の小さなお子さんたちを考えているのかな?と、思いました。

    シリーズ第1作目のこの巻は、「しましま」「すうすう」「くんくん」「ずきずき」「ぶかぶか」とお話が載っています。
    特に、「しましま」はチロの最初の話で、家族やきょうだいたちの設定がよく見える可愛らしいお話でした。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おとうとねずみチロのはなし」のみんなの声を見る

「おとうとねずみチロのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット