くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

すいはんきのあきやすみ」 ムスカンさんの声

すいはんきのあきやすみ 作:村上 しいこ
絵:長谷川 義史
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年08月
ISBN:9784569780764
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,991
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く
  • 運動会!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。
    秋は、運動会に、学芸会に、とっても忙しい小学生。
    あきやすみ なんてないだろうと思っていたら、
    すいはんきが「あきやすみ」をとって、
    一家の運動会に出るお話で、とってもほのぼのです。

    家族の一員として競技にも参加するすいはんき。
    意外なことに女の子で、
    しかも負けん気の強さがとっても笑えました。

    お父さん、お母さんのかけあいに、
    優しいけんいちもいつも通り。
    私と息子にとってはシリーズ4冊目ですが、
    いつもと変わらないほのぼの一家と、
    おもしろ家電ちゃんにまた出会えて、とても楽しいひとときでした。

    普段は考えることないけど、
    すいはんきも、いつも頑張ってるんだよね。
    「ご飯は愛情で炊いている」はぐっときた一言でした!

    掲載日:2015/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すいはんきのあきやすみ」のみんなの声を見る

「すいはんきのあきやすみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのにちようび / 100万回生きたねこ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット