宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ナミチカのきのこがり」 minatsuさんの声

ナミチカのきのこがり 作・絵:降矢 なな
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784494025572
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,553
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • きのこと戯れる夢

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。ナミチカはおじいちゃんと一緒に森へきのこ狩り。おじいちゃんはとても物知りで、見ただけできのこの名前とそれが食べられるかどうかを教えてくれます。ところがナミチカはかわいい赤いかわいいきのこに誘われてひとり森の奥へ行ってしまい、そこで赤いきのこたちと戯れる夢を見るのです。本人は実際に戯れている体験をしますが、気がつくとひとり木の根元で目を覚ますのです。おじいちゃんに助けられ、家に帰ると取ってきた食べられるきのこでスープを作って飲みます。

    きのこと戯れるなんて、あまり夢でもやりたいと望むかどうかは微妙なところですね。そういうところに焦点をあてるなんて珍しい絵本だと思いました。色がきれいなきのこは実は毒キノコとなんかで言われた記憶があるので、実は赤いきのこは食べられない代わりに、嫌われたくないので戯れることでいい思いをしたいと思ったのでしょうか。まあかわいいストーリーだな、とは思いました。息子は、あまりきのこが好きではないので、あまり興味を示しませんでした・・・。

    投稿日:2011/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ナミチカのきのこがり」のみんなの声を見る

「ナミチカのきのこがり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みらいずかん
    みらいずかん
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    見たこともないおもちゃや乗り物がならび、わくわくドキドキ驚きの連続!


優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット