新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

宮沢賢治の絵本 土神ときつね」 どんぐりぼうやさんの声

宮沢賢治の絵本 土神ときつね 作:宮沢 賢治
絵:大畑 いくの
出版社:三起商行(ミキハウス)
税込価格:\1,650
発行日:2010年10月
ISBN:9784895881241
評価スコア 4.14
評価ランキング 23,494
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 悲しい結末

    最近、宮沢賢治の作品を読みあさっています。
    この作品のことは知らず、初めて読む作品でしたが、とても
    衝撃的な内容に、びっくりしてしまいました。

    土神ときつねは、樺の木が大好きだったんですね。
    文章からその気持ちが伝わってくるだけに、最後はとても
    悲しい結末になっています。

    この作品の中に出てくる神は、完璧な存在ではありません。
    悩み、苦しみ、嫉み、人間と同じように気持ちが揺れ、
    そして理性を失い、誤った行いをしてしまいます。

    その後の様子が描かれていないので、読み終えた後の余韻が
    半端ないです。そして、深く考えさせられるのです。

    宮沢賢治がこの作品で表現したかったことって一体なんだったのでしょうか。
    土神の心の葛藤が文章でとても繊細に表現されていて、それだけでも
    かなり読み応えがあり、宮沢賢治の表現力に脱帽といった感じでした。
    インパクトのある、素晴らしい作品だと思います。

    投稿日:2012/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 土神ときつね」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 土神ときつね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • さわさわもみじ
    さわさわもみじの試し読みができます!
    さわさわもみじ
    作:ひがし なおこ 絵:きうち たつろう 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    もみじが風に乗り、色々な表情を見せてくれる様子を音と絵で切り取った絵本


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット