まほうつかい まほうつかい まほうつかいの試し読みができます!
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
まほうをかけられると、あれあれ!? たのしいしかけ絵本

紙芝居 さるかにがっせん」 ぷりこさんの声

紙芝居 さるかにがっせん 作:長崎 源之助
絵:若菜珪
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,748+税
発行日:1985年06月
ISBN:9784876927814
評価スコア 4
評価ランキング 21,523
みんなの声 総数 3
「紙芝居 さるかにがっせん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 3歳の息子がひきつけられた作品

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    息子は、今までむかしばなしの絵本を読んでもあまり喜んでいない
    感じでしたが、このさるかにがっせんは、紙芝居のカバーの絵を
    見ただけで、面白そうだと言って、読んでほしいとせがんできました。

    3歳の息子でもひきつけてしまう、若菜珪さんの絵は素晴らしい
    なあと感心しました。

    お話を進めていくうちに、かにが歌を歌うところが面白かった
    ようで、息子は一生懸命紙芝居を見ていました。
    かにがサルに柿をぶつけられて、死んでしまいますが
    まだ3歳児には、よくわからなかったようで、『かにさん
    割れちゃったね〜。小さいかにさん一杯出てきた。』と
    驚いていました。

    臼とはちと栗と牛の糞と子がにと針が、サルの家にかくれる
    ところで、家の中のどこにみんながかくれているかを、
    クイズのように進めていくので、息子は嬉しそうに『くりは
    ここにいるよ〜。』と指をさしていました。

    読み終わってからも、息子は『面白かった〜面白かった〜!』と
    喜んでいました。

    文を書かれた長崎源之助さんの作品の紹介が載っていましたが
    「あほうの星」「ゲンのいた谷」「ヒョコタンの山羊」など
    書かれているそうです。私は「えんぴつびな」しか読んだことが
    無かったので、他の作品も読んでみたくなりました。

    息子のお気に入りの若菜珪さんの他の作品も見てみたいです。

    投稿日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 さるかにがっせん」のみんなの声を見る

「紙芝居 さるかにがっせん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット