まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ゴッホ風がはこんだ色彩」 ヒラP21さんの声

ゴッホ風がはこんだ色彩 作:キアーラ・ロッサーニ
絵:オクタヴィア・モナコ
監訳:結城 昌子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784890139217
評価スコア 4
評価ランキング 25,478
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 新感覚のゴッホ伝

    この本を見たとき、最初にイメージしたのはいせひでこさんの『にいさん』でした。
    この絵本も画家ゴッホの伝記であり、ゴッホと弟テオの兄弟愛を基にゴッホの一生を描いているのですが、いせひでこさんの絵とオクタビア・モナコさんの絵ではその描き方にとても象徴性があるのです。
    いせさんはゴッホの画風、色彩を取り入れることでゴッホを表現しています。
    モナコさんはゴッホの絵そのものを中に取り込みながら、独自の画風でゴッホを描いています。
    いかにも美術の絵本的で西洋絵画のような感覚。
    とても新鮮に感じられて、思わず「これっていいかも」とつぶやいてしまいました。
    「炎の人」であり「ひまわり」に象徴される色彩の人であるゴッホを、あえて違った画風色調で、一歩離れて描いているのです。
    ゴッホ好きには少し違和感があるかもしれませんが、画家としてのゴッホよりも人間としてのゴッホを感じることができて良かったと思います。

    投稿日:2011/01/25

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ゴッホ風がはこんだ色彩」のみんなの声を見る

「ゴッホ風がはこんだ色彩」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット