ベンジーのもうふ」 ジュンイチさんの声

ベンジーのもうふ 作:マイラ・ベリー・ブラウン
絵:ドロシー・マリノ
訳:まさき るりこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2010年10月
ISBN:9784751525418
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,944
みんなの声 総数 14
「ベンジーのもうふ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 穏やかな文章が良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ドロシー・マリノは、1912年、アメリカ、オレゴン州のポートランド生まれ。
    調べたら、今年(2011年)の3月12日に亡くなっていました。
    98歳ですから、正に大往生というに相応しいものです。
    この作品は、1962年の初版で邦訳は2010年10月。
    亡くなる前の邦訳で、喜んで頂いたのではないでしょうか。

    物語は、主人公のベンジーが、赤ちゃんの時の毛布が大好きでいつも持ち歩いているという設定で始まります。
    この手の話は多く、アーサー・ミラー作の「ジェインのもうふ」を挙げた方が多かったのですが、私は、ケビン・ヘンクスの1994年のコールデコット賞オナー賞受賞作品「いつも いっしょ」が思い浮かびました。

    ベンジーは、いつも毛布を持ち歩きます。
    家にいるときは無論、幼稚園に行くとき、散髪をするとき、果ては歯医者さんで治療を受けるときも手放さないのです。
    そんなベンジーの行為は、周りの人に理解されません。
    唯一の理解者は、ママ。
    パパは、少しだけ分かっているという設定です。

    ある日、ベンジーは、出かけた先で毛布を忘れてばかり。
    この日が基点となって、ベンジーは、毛布を手放すのですが、その描き方が絶妙です。
    子供の成長過程を優しく見守るママの姿があり、それが自然な形で表現されています。
    決して派手な作品でないのですが、全体を通して、親の立ち位置にたった視線で描かれているのが、親にとってはたまらないはず。
    エンディングも、分かってはいるものの、納得できるものでした。

    文章は長いし、絵も二色刷りのシンプルなものなので、読み聞かせには向かない作品かも知れません。
    どちらかと言うと、子供との対話に一寸迷ったママ向けの作品と言えそうです。

    投稿日:2011/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ベンジーのもうふ」のみんなの声を見る

「ベンジーのもうふ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット