くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

かながわののりもの」 ゆりさくママさんの声

かながわののりもの 作:樋口 一成
出版社:JTBパブリッシング
本体価格:\600+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784533074301
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,779
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 電車の冒険の必需品です!

    娘は電車にあまり興味がなく、しかも普段の生活での移動手段は車がメインなので、電車や乗り物に触れる機会がとても少なかったので、
    乗り物に興味が持てるよう、身近な乗り物図鑑を購入したく、住んでいる県の乗り物図鑑として購入しました。

    全国的な乗り物図鑑も持っているのですが、それでは違う地方の電車などが載ってしまっているので、あまり身近な存在として感じられないでいました。

    我が家で、自宅で見て遊ぶよりも、電車に乗る前に『今日はこれに乗るよ』、電車に乗った際に『今、これに乗っているよ』と話したり、すれ違う電車の色を見て写真から探したりしています。
    電車の中での時間潰しのネタには最高です。

    また、『どれに乗ってみたい?』と聞いてみて、週末のプチ旅行計画のヒントにしています♪

    帰宅してからは『これは○○に行ったときに乗ったね、たこんなことしたね』と、思い出のヒトコマとして残るようにしています。

    全部を制覇してみたいね!というのが、我が家の当面の楽しみな目標です。

    自宅に一冊、自分の県のものを持っていると、大人も子供も楽しめると思います。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かながわののりもの」のみんなの声を見る

「かながわののりもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット